葬儀でのマナーや常識について

葬儀でのマナーや常識について

葬儀では様々なマナーや常識があります。 見識を疑われないようにきちんとそういったことを身に付けておくべきでしょう。 急な弔問に駆けつけるときに礼服でなくても構わないそうです。 逆に礼服だと、「死を予期していた」と見なされ逆に失礼にあたります。 この辺が難しいところですね。 葬儀ではお悔やみの言葉をかけます。 「この度はご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」 といった言葉が無難なのではないでしょうか。 葬儀ではご遺族は悲しみにうちひしがれているでしょうから、配慮をしたいところです。 葬儀で合掌をするときは指と指の間を離さず、胸の位置で胸にはつけず行います。 故人を弔うにあたって、葬儀会場では失礼のないようにしたいところです。

自分で全て儀式を行なう葬儀

葬儀の中には、生きている人が全て儀式の準備や葬儀そのものを開催することが出来るプランも用意されています。 こうした葬儀の事を生前葬と言います。 生前葬には、死を予期している方が生前に行う告別式という意味が強くなっています。 葬儀の主催者は亡くなる本人になるため違和感もあるかもしれませんが、生前に知人や家族に伝えたいことややっておきたかったことがある方はこの方法を選択することも多くなってきており、一つの葬儀のあり方として注目を浴びているのです。 もちろん、現状はまだ亡くなっていないわけですから生前葬を行なった後に家族だけで密葬を行いひっそりと亡骸を火葬することもできます。 亡くなる方が満足いく形で演出を全て出来るようになるので、近年ではこの葬儀を取り入れている葬儀業者も増えていますので相談すると気持ちよく応じてくれます。

Calendar